• 警察機能がしっかりしている為に安全

    韓国は、日本の隣国であり、政治や経済の面でもつながりが深いだけでなく、近年では文化面でも盛んに交流が行われています。

    近年は、反韓ムードもありますが、日本とは同じ東アジアの経済圏において、大きな影響力を持っている国です。

    このような結びつきが強い結果、日本と韓国の間では、多くの交流が行われています。

    この人と人との交流の激しさを物語っているのが交通インフラの量です。

    日本の地方空港からは、韓国の首都ソウルに向かって多くの定期便が就航しており、本数も1日数本飛んでいるような空港も数多くあります。

    このように韓国を訪れる人の多い理由の1つが治安の良さです。

    韓国では、警察機能がしっかりとしているので、比較的安全に過ごすことができます。

    このように治安が安定しているということは、日本の企業にとっても進出のしやすい状況であり、海外赴任になる人にとっては非常に安心館があります。

    さらに海外旅行に行く人にとっては、治安の良さは大きな問題になります。

    治安の安定している国であれば、安全に旅行を楽しむことができますし、比較的自分で考えて自由に動くことができます。

    特に韓国の場合は、日本と近い関係にあるために空港だけでなく、公共交通機関においても多くの日本語表記を見かけることが多くあります。

    それだけ観光やビジネスにおいて、多くの人に来てもらいたいという意気込みを感じますが、これで治安が良くない状態ではあまり人は来てくれません。

    そのため、韓国ではいろいろな国から人が訪れても、安心して生活をしていくことができるように、警察などがしっかりとして治安維持に努めています。

    あまり安全ではないといわれている夜の時間帯であっても、ソウルなどの大都市であれば、安心してナイトライフを楽しむことができます。

    ただし、一部にはあまりよくない地域もあるので、最低限の備えはしておくと安心です。

    まいた、韓国の場合は、地方都市に行っても、あまり治安が乱れることがないも安心感があります。

    国によっては、地方都市に行ったとたんに治安状況が悪くなるようなところも多くあります。

    しかし、この国ではあまりこう言ったことがないので安心感はあります。

    ただし、どこの街でも同じですが、日本人に対してあまりよい感情をもっていない人が多いのも、この国の現実です。

    特に地方都市ほど、このような傾向が強く出ているような場所もあるので、事前に外務省などの危険情報で確認してから行くのが安全ではあります。