• 朝鮮的な真実という考え方が大きく影響

    日本を巡ってって近郊には、さまざまな国があります。

    この付近の国々は、アジアと呼ばれていますが、すぐ近くに韓国という国があります。

    それぞれの国で、国民性というものがありますが、韓国の国民性とは、どのようになっているのでしょうか。

    この国の人々は、見た目だけでなく日本人とよく似ていると言われています。

    とくに欧米の人から見ると、見分けがつかないと感じている人も多いようです。

    地理的にも近いところにあると言うこと、そしてこのほかには、在日の人が日本にたくさん住んでいるということもあり、とても近い存在であるということに間違いはありません。

    しかし、日本人から見ると、やはり近いと言うことに違いはありませんが、全く違う人であるということになります。

    それはなぜなのかというと、日本人特有の排他性があるということがあげられます。

    韓国人の国民性は、日本人のそれとは少し異なっています。

    一般的に、この国の人は自分が強いと考えています。

    すなわち自分の考え方が一番としている人が多いのです。

    したがって、自分の都合によって、他の人のものを勝手に使ったり、平気で嘘をつくというようなことも、決して珍しいことではありません。

    また大声で他の人の批判をしたりということもあるので、日本人の中には驚いた経験があるという人もたくさんいます。

    これは決してこの国の人が他の人に気を使わないと言うことではなく、朝鮮的な真実という考え方が大きく影響しています。

    すなわち、朝鮮の人と同じような考えを持っていると言うことなのです。

    この国の国民経済は、どのようになっているのかというと、経済は、見かけ倒しで国民生活は苦しくなっていると言うことが伝えられています。

    しかし、今年の経済の指標は校長で、外貨準備高は過去最高を記録しています。

    人々の生活は苦しく、半数以上の世帯は、平均可処分所得を下回っていると言うことになっています。

    食文化に関しては、数千年の時間をかけて発達してきたと言うことで、医食同源の考え方が強くなっています。

    すなわち食事は、薬であるという考えとなっているのです。

    単に食事をするということだけではなく、身体の病を治療する薬であると考えて食事を作っています。

    したがって韓国料理には、山草や薬草など身体によいとされるものがたくさん使われています。

    テレビや雑誌などで身体によいと紹介されたときには、市場でそれが飛ぶように売れるというのが大きな特徴になっています。