• 複数の財閥が支配している形が強い

    日本の周囲には、複数の国があり、その一つに韓国があります。

    この国は以前は、あまりいい経済状況ではありませんでしたが、最近は大きな発展をしています。

    韓国が経済的に発展した理由として、通貨の下落があります。

    この国の通貨は、ある時期から大幅に安くなり、その影響で輸出が大きく伸びました。

    その輸出の伸びを利用して製造業が大きくなり、世界的な企業がたくさん生まれました。

    日本国内でも良く名前を聞くくらいで、大規模な製造業の企業が多くあります。

    ただこの国の経済は、複数の財閥が支配している形が強く、かなり独占的な形を強く持っています。

    また世界規模の大企業はあるのですが、それ以外の企業が殆どない問題点もあります。

    そのため、大きいところが傾くと経済全体がおかしくなる問題があり、それが韓国の欠点だとよくいわれます。

    韓国に住んでいる国民の生活から考えてみると、この国の経済は住んでいる人に対する恩恵が弱いところがあります。

    ついている仕事によって、違いが出やすい面がありますが、韓国は通貨が安いので物価が高めです。

    そのためいくら経済成長をしても、その分物価が上がりやすいので働いている人の生活は負担が多いです。

    また輸出型のビジネスは、人件費の抑制を強く出すので、この国の人件費は安くなりやすい傾向があります。

    このような性質があるので韓国は、強いビジネス力と、それを支える国民負担の大きさという両面があります。

    ただ他の国とは、違い冷戦時代から自由経済に移行していたので、ビジネスの基盤はしっかりしています。

    今この国では、ビジネス的に大きな転換を迎えていて、日本の通貨が安くなった影響を受けています。

    また中国が発展したので、その影響もあり、ビジネス的なスタンスの変化を要求されています。

    日本の通貨安は、韓国の輸出型のビジネスを脅かす問題になり、中国は人件費の安さでこの国の脅威になっています。

    その為この国は、いずれはビジネス的な体制を変える必要があり、それが出来ないと大きな問題を抱えるのではといわれます。

    韓国のビジネス的な転換で必要とされるのは、巨大財閥への修正と製造業重視のビジネスの変化です。

    巨大財閥があれば、ビジネス的な循環が悪くなりますし、製造業重視は中国や日本の影響で難しくなりました。

    そのような難しい状況に、この国はありますが、政府の対応によって少しづつ変わってきています。

    またその影響によって、この国に住む人の生活が変わり、以前とは違う生き方を目指す人も増えているようです。